Loading
 

京都・烏丸でオーダースーツをつくるならVOGA(ヴォーガ)

BLOG

「LOVE of Bunch」<ラブオブバンチ>

「LOVE of Bunch」<ラブオブバンチ>

ほんの数社しか取扱いしていないコレクションになります。

イタリア 。
その豊富な美しい水の土地、ファブリックの聖地とも呼ばれる
ビエラ地方にある生地メーカー。

1865年創業の現在154年も経つ老舗メーカー
REDA / レダ
がメインのバンチブックです。

このレダの強みは3つ
*艶感
*清涼感
*コストパフォーマンス

艶感はと言うと
熱処理を加えた「ドルフィン加工」という独自の加工で艶を出しており、
イタリアらしい艶生地を生産していますから、イタリアスーツの定番が揃うメーカーであります。

また
「アイスセンス」と言うコレクションには
表面の温度を抑える機能素材を採用しており、春夏においては清涼感を与えてくれます。

154年の老舗とはいえ
ファッション業界において
時代遅れにならない高速織機を導入しており
ゼニアやロロピアーナなどより、コストパフォーマンスに優れた服地を
海外に送り出してます。

※余談ではありますが
REDA / レダ では「トレースアビリティ」と言うシステムで
どの羊から、どの時期に刈り取った原毛かわかるシステムがあります。

さて、この「LOVE of Bunch」2019AWでは
「REDA / レダ」を中心に

「REDA / レダ」とよく徹底比較される「CANONICO / カノニコ」と、
少量ではありますが、
同胞イタリアの DRAGO / ドラゴ
英国トップレベルの
HOLLAND&SHERRY / ホーランドシェリー
William Halstead / ウィリアムハルステッド
Reid&Taylor / リードテイラー
Charles Clayton / チャールズクレイトン

など、多彩な一流服地がコレクションされています。

一部の服地の写真をご紹介します。

 
 

「BIELLESI」 <ビエレッシ>2018-2019AW

「LOVE of Bunch」<ラブオブバンチ>コートコレクション

関連記事

  1. 【VOGAといえば】昨今のイタリアとイングランド製の生地に関して【やっぱりSCA…

    2020.04.03
  2. 【オシャレさんなら】新作スーツ裏地のご紹介です!!【裏地にこだわれ】

    2019.11.16
  3. 【秋冬物】そろそろ秋に向けての準備を始めていきませんか??【先取り!】

    2019.08.05
  4. 【ENJOY THE COAT】2022 A/W Special fabric …

    2022.10.16
  5. 竹内 弘一アナウンサーの定番スーツ

    2021.04.22
  6. 王道のスリーピースを成人式で楽しみませんか?

    2021.10.14