Loading

BLOG

VOGA LINE UP ⑨ 2019ss LOVE of Bunch

本日は昨日に引き続き
「2019ss LOVE of Bunch」の2冊目のバンチコレクションをご紹介致します。

2冊目の今日は
ジャケットコレクション。

バンチを構成する
服地メーカーはかなりあるので、
目を引くものをピックアップしてご紹介致しますね。

まず、バンチを開いた時の
*Okayama Denim
岡山デニムの服地が目に飛び込んできます。
ニットデニムなど伸びる生地もあります。
ジャケットスタイルを構築するには
デニムジャケットは抜け感を出せる良いアイテムになるでしょうね。

*Agnona / アニョーナ
アニヨナと呼ばれてますが
正式にはイタリア語の「gno」「gna」はニョ、ニャと発音します。
ゼニアもゼーニャですね。
それにしても、アニョーナは久々です。
アニョーナはイタリアのゼニア傘下の服地ブランド。
私の中ではアニョーナは少し女性的な印象があり、ロロピアナとアニョーナは似た印象があります。
艶やかでドレッシーなイメージ。
このバンチコレクションでもシルク100%という服地が3色含まれている。

このバンチコレクションの特徴は3つ

*現代感
上記の服地に、コードレーンやウールサッカー生地など
一つ今までより、時代に合わせた抜け感を意識された服地が多いです。
華やかなら艶感で、オーソドックスだけど洒落ています。
岡山デニムの服地などは、
これほどラインナップしてコレクションされたのは初めてですし、
アニョーナのような艶感が強い服地も春夏ジャケットコレクションとしては初めて。
時代に合わせた抜け感を作れるオーダーバンチコレクションになってます。

*ラフ過ぎない
デニムといえば、ラフなのに、ジャケットやスラックスにすれば
マットで洒落たアイテムになるかは、
皆様、なんとなくイメージしやすいのではないでしょうか?
以前にご説明した
「Luxury Jacket & Pants」バンチコレクションとは違いカジュアル過ぎないコレクションとなっています。

*セットアップ可
デニムも、シルク生地も、コットン生地も、上の写真にあるファビオの服地も
上下セットアップにしても、まとまりやすい服地が多くなっています。

是非、バンチコレクションをご覧になりにいらしてください。
そして何かお聞きになられたいことがございましたら、
スタッフに質問してみてください。

VOGAでは、押し売りや売り文句は致しません。
気軽に遊びにくるような気持で、ご来店くださいませ。

心よりお待ちしております!!

VOGA LINE UP ⑧ 2019ss LOVE of Bunch

入荷!KUSKAネクタイ

関連記事

  1. 2019春夏 SCABAL服地 「LONDONER / ロンドナー」

    2018.11.21
  2. 3月キャンペーン価格!アンコンスーツ アンコンジャケット

    2019.03.04
  3. VOGA LINE UP ⑧ 2019ss LOVE of Bunch

    2019.02.28
  4. 縫製メーカーの展示会へ

    2019.02.22
  5. 2019春夏 SCABAL服地 「KNIGHTS BRIDGE / ナイツブリッ…

    2018.11.22
  6. 【商品紹介】艶感で魅せるブラックスリーピース(アーサーハリソン)

    2018.11.07
PAGE TOP