Loading
 

京都・烏丸でオーダースーツをつくるならVOGA(ヴォーガ)

BLOG

華やかなブルーでミラノを楽しむ

いつもVOGAをご愛顧いただき、誠にありがとうございます!

本日は、ブログタイトルにもございますように「ミラノ」。

そう、Made in Itaryの生地でお仕立てしたスーツをご紹介させていただきます。

艶と色のイタリア…。いったいどんなスーツに仕立て上がったのでしょうか。

生地…FRATELLI TALLIA DI DELFINO(フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ)

素材…Wool100%(Suoer130`s)

目付…260~270g

通常価格(税込)…¥147,400(スリーピース価格、VOGA HIGH GRADE LINE 縫製)

花紺色でミラノを感じる】

紺よりも明るい紺色を総じて「花紺色」と呼称されますが、やはり花紺の華やかさを存分に楽しむなら、発色の良さが特徴の一つであるイタリア生地でお選びになるのがオススメです。

今回のブランドは「タリア・ディ・デルフィノ」。当ブログにおいても何回か登場しているブランドですが、今回は久々のご紹介ですね。

デルフィノはやはり「世界三大ミル」の一角と呼ばれるほどに生地のクオリティが抜群に良いのが特徴です。

今回の生地はSuper130`sのピュアウールで織られており、発色の良さは勿論、艶感もしっかり表現されている為、非常にラグジュアリー感溢れるスーツになっております。

今回はデザインに遊び心を加えており、衿穴のかがり糸を白色でお誂えいたしました。
ステッチなども省いており「美しさ」も意識したお仕上げに。

袖穴も勿論、変えております。
ポイントを意識し一つだけ変えたデザインに。
本切羽仕様なので、色を変えた部分のみボタンを外した着こなしも楽しんでいただけます。

今回はスリーピースなので、ベストもお誂えいただいております。
背中は白の花柄で何ともオシャレな雰囲気に仕上がっております。

パンツデザインもこだわっており、ピスポケットにフラップを付けたデザインにお仕上げしました。
ちなみにボタンは白蝶貝ボタン。
花紺の綺麗なお色と合わさって、非常に綺麗なコントラストを表現しています。

本日のスーツはいかがでしたでしょうか??

これからの季節、華やかな青がピッタリな時期です。

皆様も是非、いつもとは違う紺色を試してみてはいかがでしょうか??

最後までお読みいただきありがとうございました!


【ブログ作成者】

【新作入荷!】2022 S/S SCABAL COLLECTION② 「AMALFI」

【2022 S/S COLLECTION】ZIGONE

関連記事

  1. 【2022 A/W VOGA Fashion snap】竹内弘一様の場合

    2022.11.06
  2. 【期間限定】伝統の英国スタイルを体感してみませんか??【Special Pric…

    2021.04.09
  3. 京都で唯一SCABAL(スキャバル)とタイアップのVOGA

    2018.09.11
  4. ブリティッシュスタイルに少しのこだわりを…

    2021.07.25
  5. 重厚感あるダブルブレストスーツ アーサーハリソン

    2019.02.11
  6. 「BIELLESI」 <ビエレッシ>2018-2019AW

    2018.08.19