Loading
 

京都・烏丸でオーダースーツをつくるならVOGA(ヴォーガ)

BLOG

【8+(eight plus)対象生地】落ち着いた表側と華やかな裏側

いつもVOGAをご愛顧いただき誠にありがとうございます!

京都も遂に再び「まん延防止等重点措置」の対象となりましたね。

落ち着いたと思ったら、、、やはりオミクロン株は恐ろしいですね。

当店は【抗ウイルスコーティング】を行い営業しております。

皆様が安心してお買い物いただけるように感染対策は万全の上営業しております。

安心して、当店にご来店くださいませ。

【抗ウイルスコーティング】に関してはこちらをクリック!

さて、本日も絶賛開催中の【8+(eight plus)】対象の生地のスーツをご紹介いたします!

本日はどんなスーツに仕上がっているのでしょうか、、、。

生地…REDA~Super110`s~

素材…Wool100%(Super110`s)

目付…260g

通常価格(税込)…¥69,300(ツーピース価格、VOGA BASIC LINE 縫製)

※ちなみに8+(eight plus)の場合、「ツーピース」「VOGA BASIC LINE縫製」で¥55,000(税込)となります!

※¥55,000(税込)の場合、お選びになる裏地やボタンによっては別途オプション料を頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

【表と裏のメリハリ】

今回は8+(eight plus)の税込¥55,000のプランの生地のレダでお誂えしたスーツのご紹介です!

レダの生地は本当に毎回「これが7万円以下の生地で仕上がるスーツ」とは思えないくらいのクオリティで仕上がって参ります。

「Super110`sのウールで誂えているから」だけでは説明できないその艶感と質感は、やはり一流テキスタイルメーカーならではの技術があるからだろうなと実感します。

今回の生地はデザイン性も強調したマイクロチェック調の生地をお選びいただきました。

ただ、この生地もわざとチェックのラインを少しぼかし気味にしているので、一目見ると限りではチェックと分かりづらい、何とも言えない奥ゆかしい柄となっております。

恐らく織の工程でも少し工夫を凝らしていると思われ、感触が通常のツルっとした生地とはまた違った感じで仕上がっているのも特徴的です。


今回、裏地は何とも言えない綺麗なボタニカル生地でお誂えいただいております。


実は織の部分とプリントの部分で違う模様をあしらったかなり特徴的な裏地なのです



パンツのピスポケットデザインをフラップ付きにしております。


普通のビジネススーツではないこだわりを感じられる部分ですね。


ちなみにボタンは水牛ボタンを使用しております。

今回のスーツはいかがでしたでしょうか??

少しご注意いただきたいのが8+(eight plus)でお作りいただく場合、今回のような裏地はお選びになられるものによってはオプション料を頂く場合がございますのでくれぐれもご注意くださいませ。

さて、人気の生地が無くなってしまう前に是非、8+(eight plus)をお見逃しのないようにしてくださいね!


【ブログ作成者】

【8+(eight plus)対象生地】レトロ感溢れる赤×灰チェック

【8+(eight pus)対象生地】レディーススーツはダークトーンでカッコよく

関連記事

  1. スタッフ厳選、オススメの生地はいったいどれ??~SCABAL 編 その①~

    2023.05.07
  2. VOGA服地メーカーセレクト

    2019.10.26
  3. 【3/6、本日の営業のお知らせ】

    2020.03.06
  4. ドレスのようなレディースオーダースーツ 

    2019.01.18
  5. 【VOGA服地】オススメポイントの紹介!!【ロロピアーナ編】

    2019.10.30
  6. 【本日の営業時間のお知らせ】

    2021.01.18