Loading
 

京都・烏丸でオーダースーツをつくるならVOGA(ヴォーガ)

BLOG

春先に向けてシャツの準備はお済みですか??

いつもVOGAをご愛顧いただき誠にありがとうございます!


【お知らせ】

8+(eight plus)絶賛実施中です!

気になる方は上のリンクよりチェックしてみてくださいね!


さて、本日のブログは久々の「シャツ」のご紹介でございます!

2月も中旬に入り、もうすぐ衣替えの季節も始まりますよね。

そんな時、スーツも勿論春夏用の薄手のスーツに衣替えもするのですが、意外と見落としがちなのが「シャツ」ですよね!

意外と新調せずにずっと着用し続けていると首元は勿論、袖口が擦り切れてきたり、意外と毛羽立ちが目立っていたりします。

クールビズの期間も最近はすごく長くなってきていますよね。シャツ一枚で移動されたりする方も多くなる季節で、しかもビジネスマンにとっては毎日着用する物です。

シャツの変え時のタイミングはシビアに見定めていきたいところですよね。

そこでお勧めなのがこのクールビズの期間に移行する前の時期(4月ぐらい)に新しいシャツを手元に用意しておくことです。

年度末も過ぎ、新たな気持ちで仕事を始めるタイミングでシャツも新調したら更に良い気持ちで仕事も始められることだと思います!

当店のオーダーシャツはお仕上がりまで約3週間~4週間頂いております。

是非、一度この時期にオーダーシャツをお仕立ていただき、新たな年度に向けて衣替えを行ってみてはいかがでしょう??

それでは本日の当店のお仕立て品のご紹介です!

生地色、柄…グレー、織柄

組成…Cotton50%、Polyester50%

価格(税込)…¥11,000

【特徴】

タフに着用ができるようにポリエステルが配合されております。

ボタンはボルドーの色を間に挟んだデザインボタンでボタンに合わせて糸色とボタン穴色をボルドーに変えています。

生地色、柄…サックス、無地

組成…Cotton70%、Polyester30%

価格(税込)…¥11,000

【特徴】

こちらもタフに着用ができるようにポリエステルが配合されております。

ただ、少し綿を多く使って生地を仕立てているので肌触りが少し滑らかに。

実は羽衿がポイントに向かってカーブしているデザインで、首元をいつもと違った印象にします。

生地色、柄…白、アーガイル柄

組成…Cotton100%

価格(税込)…¥12,100

【特徴】

滑らかな肌触りを実感できる綿100%の生地です。

無地ではなくアーガイルを全体にあしらった生地です。

シャドーなのでさり気ないオシャレがお好きな方には大変オススメな1着です。

生地名…チェスナットバレー

生地色、柄…ピンク、変形ヘリンボーン柄

組成…Cotton100%(100番手双糸)

価格(税込)…¥18,700

【特徴】

「上質綿」とされる100番手の綿を使ったシャツです。

肌触りと発色も良く、何回でも着用したくなる、そんな生地です。

デザイン性も高く、艶のあるスーツなどと合わせるとより相性抜群な着こなしができます。

ちなみにチェスナットバレーは国内のシャツブランドで当店が自信をもってお客様にお届けできる生地ブランドでございます。

生地名…エジピュア

生地色、柄…白、ヘリンボーン柄

組成…Cotton100%(100番手双糸)(GIZAコットン使用)

価格(税込)…¥27,500

【特徴】

「最高級綿」の一つに位置づけられるGIZAコットン(=エジプト綿)を使用しております。

艶感、質感共に文句なしのまさに最高級の仕上がりとなっております。

双糸を使っているのでしっかりビジネスシャツとして着回しができるような仕上がりとなっております。

本日のお仕立て品はいかがでしたでしょうか??

オーダーシャツは人気が高く、一度お袖を通してしまうと他のシャツが着用できなくなるというお褒め(?)のお言葉を頂くほどです。

当店ではシャツの生地も何百種類と用意しております。

本日のブログを読んでいただき少し興味が湧いてこられましたら、是非一度お気に入りのシャツをお探しに当店まで足をお運びください!

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申しております。


【ブログ作成者】

【8+(eight plus)対象生地】シンプルにそして美しく華やかに

【8+(eight plus)対象生地】ほんの少しの遊び心を加えたビジネススーツ

関連記事

  1. 【2022 S/S COLLECTION】ZIGONE

    2022.04.04
  2. VOGAモデル ジュビロ磐田 森下俊選手のオーダースーツ

    2019.02.20
  3. なぜVOGAはSCABALなのか

    2019.01.25
  4. ハイコストパフォーマンスは侮れない

    2021.09.04
  5. 【スタッフコラム】色とコーディネート

    2022.04.09
  6. イタリアのオシャレを日本でも楽しむ

    2021.08.18