Loading
 

京都・烏丸でオーダースーツをつくるならVOGA(ヴォーガ)

BLOG

この「一着」を大事にする

いつもVOGAをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。


【「VOGA Order shoes fair」まで残り2日!】

販売会のことをご存知ない方はこちらの画像から是非アクセス!!
※事前予約制となりますので、ご予約がまだの方は こちら よりご予約くださいませ。


私達テーラーは日々、とても沢山の方のオーダースーツをお仕立てさせていただいております。

お仕立てする日々の中で「オーダースーツの数だけお客様のエピソードがある。」というのを、常々実感している次第なのですが

今回、お仕立ていただきましたお客様は初めてオーダースーツをお仕立ていただいたお客様でした。

まだ24歳と、とてもお若いお客様でして

「今まで仕事を頑張ってきて、その自分へのご褒美として、良いスーツを作ってみたいという思いが昔からあったので、今回オーダーをしてみようと思いました。」

ご自身へのご褒美として当店のオーダースーツをお選びいただいたことに、非常に感激したのと同時に改めて私達の仕事は「お客様の思いをスーツを通してお仕立てすること」というのを、改めて実感した次第です。

記念すべき、お客様にとっての「ファースト・オーダースーツ」は一体どのような仕上がりになったのでしょうか。

是非、ご覧いただければと思います。

生地…SCABAL「ETON」(スキャバル「イートン」)

素材…Wool100%(Super130`s)

目付…280g

通常価格(税込)…¥180,400(スリーピース価格、VOGA HIGH GRADE LINE 縫製)

【落ち着いた品格】

今回お選びいただきましたのはスキャバルのファブリックコレクション「イートン」

その名の通り英国の名門イートン・カレッジよりインスパイアされたコレクションです。

Super130`s のピュアファインウールを使用。目付280gなので柔すぎない仕上がりになるのも特徴です。

今回お選びいただいたのは品格溢れるチャコールの無地。

若い方はなかなかお選びになられないカラーですが、迷わずこちらのお色をお選びいただきました。

既成のネイビースーツを1着お持ちだったというのもあるのですが、チャコールのこの「品格ある雰囲気」に一目ぼれをされたようでした。

ダークトーンに分類されますので、ビジネスだけでなくご結婚式などにもご活用いただけるスーツです。

グレー系は「若い方にグレーは似合わない」ような感じの印象を持たれることも多いですが、個人的には若い方ほど「落ち着いた色合い」で周りより一歩秀でた「大人なお洒落」を楽しんでいただけるのではと感じております。

今回ラペルなどにハンドステッチをお入れし、こだわりをプラスしています。

ボタンは光沢強めの黒系ボタンでクールな印象に。
糸色変更などはせずにシンプルなデザインに。

ライニングはペイズリーで品のある華やかさをプラスしております。
ちなみにベストの背中も同じ生地で統一感を演出。

今回のスーツはいかがでしたでしょうか??

是非、このスーツとの出会いがお客様の大事な場面になることを切に願います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました!


【ブログ作成者】

【スタッフコラム】好きなスーツの色

意外と人気な【パンツ】オーダー

関連記事

  1. 【仕上がりのイメージ】生地の仕上がる前と仕上がった後をまとめてみました!【ムービ…

    2020.03.11
  2. 新作の良さと旧作の良さ【生地のコレクションのお話】

    2021.05.09
  3. 飽きない白シャツ

    2019.04.03
  4. 【再掲】CVRIG × VOGA コラボキャンペーン【秋冬にもぴったり!!】

    2020.08.21
  5. 【3/6、本日の営業のお知らせ】

    2020.03.06
  6. VOGA店 現物反物②[Ermenegild Zegna]トロフェオも!

    2019.01.29