Loading
 

京都・烏丸でオーダースーツをつくるならVOGA(ヴォーガ)

BLOG

【8+(eight plus)対象生地】ほんの少しの遊び心を加えたビジネススーツ

いつもVOGAをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

本日、京都は1日雨模様ですね。

日曜日の雨は外にお出かけもし辛くなるので少し勿体ない感じがしますね。

ただ、本日は連休最終日の日曜日。たまには家でゆっくりする休日もありですよね。

ゆっくりされている合間に是非当店のオンラインショップもご覧くださいませ!

↑オンラインショップはこちらよりアクセス↑↑

明日のバレンタインのギフトにも是非ご活用ください!

さて、そんな本日は8+(eight plus)の対象生地で仕上がったスーツのご紹介です。

8+(eight plus)も残すところ後半月程度でございます。

「せっかくの機会なのに買いそびれていた!」

というようなことが無いようにお気を付けくださいませ。

当店では割とクセの少ない色柄の生地でお仕立てしたオーソドックスなビジネススーツなどが人気でもあります。

そういったオーダースーツにおいて、いかにしてお客様ご自身の好みを取り入れるのかがデザインなどを選ぶ際のポイントになります。

こういったデザインは派手に見えるだろうか、悪目立ちしないだろうか、逆にちゃんとオシャレに見えているだろうか、など。

特にお仕事用のスーツなどはデザイン面などにおいて厳しく定められている場合もあります。そのような中でいかにしてちょっとしたこだわりを入れ込むか考えるのは、難しい反面非常に楽しい場面だったりもするのです。

今回もビジネス用としてお考えいただきながらお仕上げさせていただいたスーツとご覧いただけたらと思います。

果たしてどのようなこだわりが詰まっているのでしょうか…??

生地…REDA~Super110`s~

素材…Wool100%(Super110`s)

目付…260g

通常価格(税込)…¥75,900(ツーピース価格、VOGA HIGH GRADE LINE 縫製)

※ちなみに8+(eight plus)の場合、「ツーピース」「VOGA BASIC LINE縫製」で¥55,000(税込)となります!

※¥55,000(税込)の場合、お選びになる裏地やボタンによっては別途オプション料を頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

【ビジネススーツの目立たないオシャレ】

今回は8+(eight plus)の税込¥55,000のプランよりレダの生地でお仕立ていたしました。

今回ビジネススーツ用ということで表地は落ち着いたネイビーのストライプ(ラインから―:ブルー、グレー)でお選びいただきました。

落ち着いてはいますが実はラインカラーにブルーとグレーの2色を使っていたりオシャレな生地なのは間違いないですね。

レダなので艶もしっかりとあり、見栄えは申し分ない形で仕上がっております。

そして、見えなこだわりの部分として今回は「袖口」「裏地」に注目です。


衿の形はシンプルなノッチスタイル。


ハイゴージなので見た目は若々しく、爽やかに。



袖口かがり糸をオレンジにしております。


袖口なので悪目立ちせず、さり気ないオシャレとして楽しんでいただけます。



裏地はご覧になる角度で見た目が変わる、1色だけでない誂え方をした裏地です。


見た目が変化する為「無地だけど少し変わった裏地がいい」という方に


大変オススメです。


今回のスーツはいかがでしたでしょうか??

誠実な印象のスーツにちょっとしたこだわりのエッセンスを加えることで一気に奥が深いスーツになりましたね。

今回のようにちょっとした遊び心のあるスーツを仕立てたいという方がおられましたら是非、当店まで足をお運びください。

当店は基本オプション料は頂いておりません。なので、どんどん値上がってしまい価格が全く違うことになってしまったということもありませんのでご安心ください。

それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!


【ブログ作成者】

春先に向けてシャツの準備はお済みですか??

【8+(eight plus)対象生地】見栄えが珍しいブラウンでアダルトな雰囲気

関連記事

  1. 【21S/S】VOGA一押しスキャバルコレクション「IMAGE」【Collect…

    2021.03.14
  2. もうすぐ10月。冬支度を始めませんか??

    2021.09.27
  3. 寒いのが苦手なあなたへ。フランネル生地で暖かオーダースーツ!

    2022.11.05
  4. 【秋冬スーツ】ビジネススーツはやはりネイビー【第1弾】

    2020.09.13
  5. SCABAL 2019-2020AW

    2019.08.15
  6. 浴衣の代わりに着てみたいジャケット

    2022.07.10