Loading
 

京都・烏丸でオーダースーツをつくるならVOGA(ヴォーガ)

BLOG

「普通」だけでは満足出来ないあなたへ

いつもVOGAをご愛顧いただき誠にありがとうございます!

なかなか不安定な天気が続きますね。

こう雨が続きますと、湿気が高くなりカビの原因にもなりますよね。

スーツも同じく保管状態を間違えてしまうとカビが生えてくることもございますので雨が降り、湿気が高い日は出来る限り風通しのいい場所で陰干しにして保管くださいね。

さて、そんな本日は「普通」というのがキーワードとなっております。

当店で販売させていただいておりますのは「オーダースーツ」です。

お客様お一人お一人がそれぞれの「こだわり」をスーツの中に表現されていきます。

ただ、お客様のこだわりポイントはお一人お一人違います。

生地、裏地、ボタンに始まりデザイン、ディティールまで沢山のお客様のこだわりがございます。

「せっかくなら世界に一つだけのオリジナルスーツを…。」

スーツの中にお客様だけの特別なこだわりというエッセンスを加えることにより「普通のスーツ」から「特別なスーツ」へと変貌します。

普通では絶対に満足できない、そんなお客様の要望を叶えるお手伝いを日々我々はお手伝いをさせていただいております。

そんな本日は「裏地」にフォーカスしたこだわりをご紹介させていただければと思います。

生地…WOODHEAD(ウッドヘッド)

素材…Wool100%

価格(税込)…¥83,600(2ピース、VOGA HIGH GRADE LINE 縫製)

【生地の特徴】

当店のブログでは初めてご紹介させていただくブランド「WOODHEAD(ウッドヘッド)」

英国の老舗生地メーカーAlfred Brown社(アルフレッド・ブラウン)がその名を冠したブランド「Alfred Brown(アルフレッド・ブラウン)」とはまた別のラインにて発表されたブランドです。

同社のハイクラスラインに位置づけされており、そのウールの品質の高さは様々な高級テキスタイルブランドに生地を卸している事から非常に信頼を置かれていることが窺い知れます。

そもそもコストパフォーマンスの高さで非常に有名な同社ですが、今回のウッドヘッドに関してもそれは同様で英国生地らしい「ハリ」と「コシ」をしっかりと表現しており品の良い質感を残しております。

ビジネスマンには特にオススメ出来るブランドです。

今回はどのような場面にも着用できるように英国スーツらしい濃紺無地の生地をお選びいただきました。

スーツの釦も黒色で本当に表は手堅い英国スーツの印象を漂わせます。

遊ぶときは大きく振り切る】

今回お選びいただきましたのはこちらの裏地になります。

最近、非常にプリント柄が流行っております。

以前はペイズリー、花柄(ボタニカル)など未だ根強い人気を誇るこの種類の裏地が主流でしたが少し見飽きてしまった目の肥えたお客様、特に女性のお客様にも大変好評をいただいているプリント柄でございます。

背中一面にこの柄は相当なインパクトを残します。ただ、唯一無二の存在感を主張するまさに「普通では満足できない」方にはピッタリな裏地となっております。

表面は手形く、そして中は華やかに…。こんなオーダースーツには初めてチャレンジします。すごく楽しみですと仰っていただきました。これからのお渡しがとても楽しみになる一品となりました。

是非、裏地にご興味ございましたらご来店くださいませ!


【VOGA PV公開中!】

イタリアのオシャレを日本でも楽しむ

オーダースーツを始めてみるなら、まずこのブランド

関連記事

  1. 【8+(eight plus)対象生地】レトロ感溢れる赤×灰チェック

    2022.01.23
  2. 特別なシーンに、特別なスーツを身に纏う

    2023.04.08
  3. CVRIG(カバリグ)2020ss

    2020.03.04
  4. 【VOGAモデル】竹内弘一キャスターの20AW新作スーツが仕上がりました!

    2020.10.11
  5. ダークネイビーのスリーピーススーツ

    2019.05.03
  6. 表情変わるビジネススーツ

    2021.07.07